病院でよくならない症状のお悩み改善ブログ 記事数約500本!

頭痛・首肩こり・腰痛・慢性疲労・アトピー・喘息などの根本原因から改善します!

【川井筋系帯療法治療センター】 渋谷・横浜・船橋・大宮・名古屋・札幌

ギックリ腰を起こしやすい人の原因は。。。

ギックリ腰 とても辛いですね~

『ギックリ腰を非常に起こしやすい人』 がいます。

sstudio095_047_002.jpg

この「ギックリ腰」というのは医学的に言うと、「突発性腰痛」といいます。

「ギックリ腰」の多くは、急に重いものを持ち上げたり、身体を無意識に

ひねった時などに、腰に激痛が走り、そのまま動けなくなるという症状です。

(人により特に痛みのでる原因がなく起こる場合もありますが、この場合要注意です!!)

2~3日安静にしていると自然に治まる場合もありますが、

重症の場合は、自力では立てなくなり、トイレへも行けず、

夜も痛みで眠れない場合もあります。

私どもの研究所の資料によると、

ギックリ腰」になる原因 は、大きく分けて、次の3つに分かれます。

①最も多いのは、 腰椎の靭帯による神経圧迫筋筋膜性腰痛) で約50%を占めます。

②次が 腰椎椎間板ヘルニア(詳しくは) よるもの約30%

③残りの約20%が 仙腸関節捻挫(詳しくは) によるものです。

ブログ3_convert_20110731220803

一般的な目安としては、突発的でお尻あたりに激痛が生じるものは仙腸関節捻挫

また、年に2回から3回と生じるような慢性的なもので、

腰椎の両側に激痛が走るようなものは椎間板ヘルニアが原因であると考えられます。

○なぜ、ギックリ腰を頻繁におこいやすい人

いるのでしょうか? 

よく、腹筋、背筋が弱っているからを起こすと話も聞きますが、

本当にそうでしょうか?

これは②椎間板ヘルニアによる場合は、あてはまるのですが、

他の原因でのギックリ腰は、あまり腹筋、背筋の弱さは関係がありません。

では、なぜギックリ腰が起きてしまうのでしょうか?

①から③まで、の原因が起こってしまうには、

『腰椎の配列の異常』『骨盤の傾き』とが関係あります。

①、②は『腰椎の配列が悪い場所に、急な負担がかかった』場合に起こるものです。

③は『骨盤の傾きがある状態に、急に負担がかかった』場合に起こります。

私どもの研究所では

頻繁にギックリ腰を起こしやすい人は、

普段からの『腰椎の配列と骨盤の傾きが大きい方』がほとんどです。

逆に言ってしまうと、

腰椎の配列と骨盤の傾きが少なければ、急な負担が腰にかかっても耐えれます。

2回、3回とギックリ腰を起起しやすい人

『腰椎の配列と骨盤の傾き』これを整えて必要があると思います。

川井筋系帯療法について詳しくは

『ぎっくり腰』が改善した方の感想はこちら!!  

病院でよくならなかった頭痛・肩こり・腰痛・慢性疲労など専門

体にやさしい骨盤ゆらゆら整体!川井筋系帯療法治療センター

http://www.kawaikinkeitai.co.jp/

東京(渋谷)  横 浜  船 橋  さいたま  名古屋

*腰が楽!当院監修

腰痛 背筋がGUUUN!美姿勢座椅子

 かなり売れています!

kotsubanyurasi001s.jpg

マキノ出版

全国有名書店にて発売中