病院でよくならない症状のお悩み改善ブログ 記事数約500本!

頭痛・首肩こり・腰痛・慢性疲労・アトピー・喘息などの根本原因から改善します!

【川井筋系帯療法治療センター】 渋谷・横浜・船橋・大宮・名古屋・札幌

『レストレスレッグス症候群』(むずむず脚症候群)の改善方法

『レストレスレッグス症候群』の改善方法

(れすとれすれっぐすしょうこうぐん)

 

別名「むずむず脚症候群

  (むずむずあししょうこうぐん

 

夜、横になってうつらうつらして寝ようとしたときに

脚がむずむず、ピクピクと突然動き出す!?

とても不快で眠れない。

自分は寝たいのに、これは何!?

ilm19_ca06048-s[1]

 それは、

レストレスレッグ症候群(むずむず脚症候群

かもしれません。

 

レストレスレッグ症候群(むずむず脚症候群チェック

 

・脚に不快感や違和感があり、

 脚をうごかしたくてたまらなくなる。

・その感覚や欲求は、横になっていたり、

 座っているなど安静時に起きる、または悪化する。

・歩いたり、脚を伸ばしたりなど動かすと楽になる、改善する。

・その感覚や欲求は、日中よりも夕方や夜間に強くなる。

 

4つすべてにチェックついた方は、

 レストレスレッグ症候群(むずむず脚症候群

の可能性が非常に高いです。

  

レストレスレッグ症候群(むずむず脚症候群)は、

 なぜ起こるのでしょうか?

 

レストレスレッグ症候群(むずむず脚症候群の正確な原因は、

まだ解明されていません。

 

西洋医学での研究では、

 レストレスレッグ症候群(むずむず脚症候群)は、

脳内での鉄分の欠乏や、ドーパミンの合成異常が

かかわっているという仮説が有力です。

 はたして本当にそうでしょうか?

 

「体のゆがみ」 という観点から考察すると

人間は、

前後左右の筋肉が引っ張り合いを常にすることで、

姿勢が維持できます。

しかし、

「体のゆがみ」で姿勢のバランスが崩れていると

脚の後ろのハムストリングス筋郡などに

非常に負荷が常にかかった状態になります。

筋肉の疲労は夕方から夜にピークをむかえます

そして

疲れて寝ているときに(無意識のときに)

錐体外路系運動神経が無意識に体動かして、

筋肉の緊張や疲労物質を取り除く働きをしています。

 

この疲労回復の働きが強めに出てしまうのが

レストレスレッグ症候群(むずむず脚症候群なのです。

 

  

川井筋系帯療法治療センターでは、

患者さん一人ひとりに痛みに関する事はもちろん

職業や日常生活の状況を聞き、

どういう姿勢で何をして、どこに痛みが起こったかを伺い、

原因を見極めてから施術内容を決めています。

さらに、体の状況をくわしく診るために

「体のゆがみ」がよくわかるモアレ写真で分析します。

f:id:kawaikinkeitai:20181102201128j:plain

 

そして、体の土台である骨盤を中心に

ゆらゆらと全身的に揺らしながら

股関節や腰や背中の深い筋肉(インナーマッスル

の緊張からゆるめて全身的に整えていきます。

単なる表面的なマッサージと違って

短時間で高い効果が得られるのです。

f:id:kawaikinkeitai:20181026112537j:plain

 

『レストレスレッグス症候群』(むずむず脚症候群

でお悩みの方は

お近くの川井筋系帯療法治療センターへ

ご相談ください。

f:id:kawaikinkeitai:20181021232921j:plain

身体不調の原因「身体のゆがみ」を
モアレ写真で科学的に分析!

病院でよくならなかった
首肩こり・腰痛・慢性疲労アトピー・喘息など専門

信頼ある40年の実績!
【川井筋系帯療法治療センター】

 

http://kawaikinkeitai.co.jp/(PCサイト)

https://www.kawaikinkeitai.jp/スマホサイト) 

東京渋谷の人気整体院:
川井筋系帯療法・東京治療センター

横浜の人気整体院:
川井筋系帯療法・横浜治療センター

船橋の人気整体院:
川井筋系帯療法・船橋治療センター

大宮の人気整体院:
川井筋系帯療法式・大宮センター(にいのみ整体院)

名古屋の人気整体院:
川井筋系帯療法式・名古屋センター(ふくやす整体院)

札幌の人気整体院:
川井筋系帯療法式・札幌センター(ヤマヤセラピー)