病院でよくならない症状のお悩み改善ブログ 記事数約500本!

首肩こり・腰痛・猫背&骨盤矯正・アトピー・喘息などを根本原因から改善します!

【川井筋系帯療法治療センター】 渋谷・横浜・船橋・大宮・名古屋・札幌

 

喘息症状(咳のでやすさ、呼吸の苦しさ)を、

できるだけ薬を使わずに楽に過ごす方法!!

(薬の使用量を減少させる方法)

 

f:id:kawaikinkeitai:20190628140940j:plain


  

 

多くの喘息症状の方は、長年薬を使いながら、

喘息症状(咳のでやすさ、呼吸の苦しさ)を

しのいで生活していると思います。

 

症状の強い時期は薬をつかうことは、

緊急避難的に有効でだと思います。

 

・症状が軽減することにより、

 体が楽になり生活の質の向上します。

 

・場合により命が救われることもあります。

 

しかしながら、

『薬』という響きはとても体にいいものイメージが付きますが、

多くのものは、あくまで症状抑えるためのものがほとんどです。

(完治させるものではありません)

 

現実的に喘息のお薬などは、

使用目的の分類で大きくわけて2種類あります。

 

『発作を止めるためのもの』

『予防用』として症状のほとんどない時も、

ずっと飲み続けなければならないものがあります。

 

①の薬は緊急状態を回避するために有効必要かとも思いますが、

 

②の薬の継続的使用はいかがでしょうか?

 

病院の意見では、『命の危険があるので予防として続けましょう!!』

これが大半の回答かと思います。

 

薬の表現を変えると『化学合成物質』なのです!!

 

喘息症状(咳のでやすさ、呼吸の苦しさ)を

定期的に化学合物質を投与して今は生活している。

 

この表現では、薬に頼る生活は

みなさんも考えてしまいますよね!

 

薬は良い作用はありますが、

副作用もあるもの多くあります。

 

この②にあたる部分のお薬の量をできるだけ使わずに、

咳のでやすさ、喘息、呼吸器症状の苦しさを改善する方法を教えます。

  

 

 

大きな関りがあるのが、

『体のゆがみ』『筋肉の緊張』

です。

  

まず『体のゆがみ』について  

 

喘息ことを調べると

喘息症状(咳のでやすさ、呼吸の苦しさは、

特に空気の通り道である「気管」の内部が炎症などにより、

狭くなり症状が発生します。

 

f:id:kawaikinkeitai:20180622155743j:plain

では、なぜ気管の内部が炎症してしまうのでしょうか?

 

 体の構造的に気管の位置により、

気管の内部に炎症が発生してしやすくなります。

 

 

気管は脊柱(背骨)の前に位置し、

気管自体は気管軟骨というブロックがいくつか縦になりびます。

 

理想的には、気管は真っすぐに通り、気道を確保されますが、

気管は脊柱の位置が傾くと同じように傾いてしまいます。

気管が傾くことにより、気管内壁に空気抵抗、摩擦などがおき、

粘膜に炎症や粘膜が肥大して、気道を圧迫してしまいます。

 

f:id:kawaikinkeitai:20190417144056j:plain

 

また体幹がねじれて位置する捻転という状態になると、

気管はぞうきんを絞るように捻じれ、気管内壁がつぶれます。

 

 

 

その結果、喘息症状(咳のでやすさ、呼吸の苦しさ)、

などの症状起こってしまいます。

 

 
『筋肉の緊張』について

呼吸するための筋肉に非常に関わるのが、
『横隔膜』と『肋間筋』です。

 

f:id:kawaikinkeitai:20190417144147j:plain

 

横隔膜は胸部と腹部をわける筋肉の膜になります。

肋間筋は胸部にある肋骨の間の筋肉です。

 

 これらの筋肉が緊張して硬い場合、

呼吸するため肺や肋骨が動きにくく

スムースな呼吸ができなくなり、

喘息症状(咳のでやすさ、呼吸の苦しさ)が、

起こってしまいます。

 

 

f:id:kawaikinkeitai:20190628141710j:plain

 

まず薬を減らす生活にするには 

『体のゆがみ』と『筋肉の緊張』を取り除くこにより、

体の構造的に呼吸器に負担のかからに状態にすることが必要です

 

 

f:id:kawaikinkeitai:20190417142510j:plain

 

これで呼吸力を上げることになります。

 

 

たった4つのエクササイズで 90%以上の人が、

「呼吸が楽になった」と実感している

非常に体感性のあるエクササイズです!

f:id:kawaikinkeitai:20180525160924j:plain 

 

 

【薬に頼らずぜんそく・セキが止まるすごい方法】 

目 次 

はじめに

  第1章 ぜんそくは治せる病気? 治せない病気?

・ぜんそくの患者さんはジワジワ増えている

・ぜんそくの症状と治療はモグラたたき

・患者さんは現状に不安と不満を感じている

・対処療法と根本治療の組み合わせが大切

・気道の慢性炎症によって引き起こされる病気

・炎症のある気道は通常の100倍も過敏

・発作が起こるたびに気道は狭くなっていく

・ぜんそくは気道に起こるアレルギー反応!?

・アレルギー体質でない人もぜんそくになる!

・季節や時間帯、感情など発作の要因はさまざま

・成人ぜんそくの約6割が大人になってから発病

・小児ぜんそくは中学入学までに7割が消失

・空セキが長く続く「セキぜんそく」が急増!

・薬物治療は症状を抑える対症療法

・ぜんそく患者さんは薬以外の方法を探している 

 

第2章 自然な呼吸を妨げているのは「体のゆがみ」

 ・「ぜんそくを治す」のが本来の目的

 ・薬によって得られるものと失うもの

 ・その呼吸では十分に酸素を取り込めません!

 ・ぜんそくの人は運動を控えたほうがいい?

 ・約40年の治療研究から導き出したぜんそくのしくみ

 ・ぜんそくの人に共通する外見的な特徴とは?

 ・ぜんそくの人は体の左右が非対称

 ・自分の日常の姿勢を思い返してください

 

第3章 ぜんそく改善エクササイズをはじめよう!

 ・体のゆがみを正せば、ぜんそくは改善する

 ・エクササイズを行うときの三つのポイント

 ・エクササイズの主目的は二つ!

 ・すべての基本となるのは呼吸法

  1横隔膜呼吸エクサ・・・自然な呼吸法を身につける

  2両腕水平エクサ・・・狭くなった気道を広げる

  3スイミングエクサ・・・首から胸の筋肉をほぐす

  4寝たまま横隔膜呼吸エクサ・・・就寝時呼吸をらくにする

 

 第4章 このひと工夫でエクササイズの効果がアップ!

 ・体操は4種類だけ行えば十分!

  ぜんそく改善エクササイズのやり方について Q&A

  ぜんそく改善エクササイズが適応する症状 Q&A

  

第5章 生活習慣も見直せば回復はもっと早まる!

 ・生活習慣の中にぜんそくの種が潜んでいる

 ・まずは鏡の前に立って体のゆがみをチェック

 ・のど元を人に見せつけながらお尻をキュッと締める

 ・座り姿勢では背もたれにお尻を近づけるのが基本

 ・ITネコ背で体調不良を訴える人が急増中!

 ・スマホは顔の高さまで上げて、目線を下げない

 ・バックの持ち方で体はいつのまにかゆがむ

 ・就寝中は上体を少し高くして発作を予防

 ・明け方の冷え込みに備えて就寝中も首を温めよう

 ・冬だけでなく、夏も首や肩の冷えにご用心

 ・こまめに水分を補給してのどの乾燥を防ごう

 ・ぜんそく予防に効果的な栄養はこれ!

 ・イライラしたら横隔膜呼吸エクサでリラックス

 ・睡眠時間をしっかりとって体調を整えよう

 ・起床時は、布団の中で筋肉をほぐしてから起きよう

  

第6章 エクササイズを行った先輩たちのぜんそく体験談

 ・30年以上続くぜんそくがピタリと止まり、薬も不要になった

 (男性/38歳)

 ・エクササイズを半年続けたらぜんそくのレベルが10から5に改善

 (女性/45歳)

 ・息苦しさで朝目覚める日が減り、日中もセキ込まなくなった

 (男性/68歳)

 ・薬を1日4回吸入する日もあったが、今では3~4日に1回でも支障なし
 (男性/35歳)

 ・蓄膿症と併発したぜんそくがやわらぎ、梅雨でもセキで悩まなくなった
(女性/44歳)

 ・COPDのひどいセキと息苦しさが改善しゼーゼーという喘鳴も止まった
(男性/70歳)

 

 f:id:kawaikinkeitai:20191107111053j:plain

 

 むずかしいことは最小限にして、読みやすく、

 エクササイズのイラストも可愛らしくできてます!

 

【薬に頼らずぜんそく・セキが止まるすごい方法】

f:id:kawaikinkeitai:20180525155145j:plain

 紀伊國屋書店をはじめ、
全国有名書店、Amazon、楽天ブックスなどで
絶賛発売中!!
     ↓
紀伊國屋書店
Amazon
楽天ブックス

   
 体不調の原因「身体のゆがみ」をモアレ写真で科学的に分析!

ただのカイロや整体なら、これほど感動はしなかった!
信頼ある40年の実績! 川井筋系帯療法治療センター

f:id:kawaikinkeitai:20160921122919j:plain

http://www.kawaikinkeitai.co.jp/atopy/

東京渋谷の整体院:川井筋系帯療法・東京治療センター

横浜の整体院:川井筋系帯療法・横浜治療センター

船橋の整体院:川井筋系帯療法式・船橋センター(Rasisatherapy)

大宮の整体院:川井筋系帯療法式・大宮センター(にいのみ整体院)

名古屋の整体院:川井筋系帯療法式・名古屋センター(ふくやす整体院)

札幌の整体院:川井筋系帯療法式・札幌センター(ヤマヤセラピー)