病院でよくならない症状のお悩み改善ブログ 記事数約500本!

首肩こり・腰痛・猫背&骨盤矯正・アトピー・喘息などを根本原因から改善します!

【川井筋系帯療法治療センター】 渋谷・横浜・船橋・大宮・名古屋・札幌

パソコン病(PC病)って何!?どんな症状?改善法は??

パソコン病(PC病)って何?

 

パソコン病(PC病)という言葉を知っていますか?

 

 コンピュターウィルスによる、パソコン異常とか?

「パソコンを手放せない」ようなパソコン依存症?

 

いえいえ、ちょっと違います!!

 

 NEKOZE 男性

  

パソコン病(PC病』とは、

 

長時間のパソコン作業が続くことにより、

身体に何らかの異常を発生した状態の総称です!!

 

 

IT系の仕事や研究職、経理をはじめ一般事務職など、

最近はデスクワークの仕事ではパソコンは欠かせません。

一日中パソコンと向き合う方も多いと思います。

  

パソコン作業やスマートフォンの操作は、

首肩周辺の筋肉に非常に負担になります。

なぜならば手指を動かすためには、

必ず首肩の位置を固定させないいけないからです。

  

その固定された首肩の姿勢は、

身体にいろいろな悪影響が及びます。

 

*パソコン病(PC病)の3大症状

 

 

IT猫背

 パソコン、スマホなど長時間することにより、

 頭頸部が前方に突出した独特の猫背姿勢になっている状態

 

sumahoustu007s.jpg

 背中の痛み、張り、息苦しさ

 カゼ後に咳が残るぜんそくになりやすい

 腰痛が起こりやすい(ぎっくり腰を起こしやすい)

 骨盤の支える位置が悪くなり、お尻の部分の痛み

 梨状筋症候群など坐骨神経痛を起す

sumahoutsu.hatenablog.jp

 

ストレートネック

 頚椎を側面から見たときに本来後湾しているものが、

 頚椎の配置が真直ぐなっている状態。

f:id:kawaikinkeitai:20170424165533j:plain

 首肩こり感、首肩の痛み、頭痛、吐き気 のどの違和感、耳鳴りなど

 

sumahoutsu.hatenablog.jp

 

マウス肘・マウス肩

 パソコンでのマウス操作が多い方に起こりやすい症状、

 肩が前方になりやすい、前腕がねじれやすい姿勢により

 肩から手指先までの筋緊張が起こり、

 神経や血管が圧迫されてしまう状態

 

 五十肩

 肩痛、肘痛手指のしびれなどが起こりやすい、

 四十肩・五十肩になりやすい原因の一つ

kawaikinkeitai.hatenablog.jp

 

パソコン病(PC病)は、これらの症状が複合的にあらわれます。

単一症状ならば、病院の薬などでも効果がありますが、

多岐にわたる症状のため、

薬での治療は一時しのぎになりやすいのです。

 

 パソコン病(PC病)の症状が出始めると、作業効率も悪くなます。

そのため就労時間の長時間化、

さらに本格的なパソコン病(PC病)の症状は重症化へ。

 パソコン病(PC病)が重症化してしまい、

健康障害で業務ができなくなってしまう方も

非常に多くなっています。

f:id:kawaikinkeitai:20170414230008j:plain

 

 

*パソコン病(PC病)の改善ポイント

 

まず、改善しなければならないのが、

 パソコンを操作する作業姿勢の改善です!!

 

パソコン操作の姿勢改善ポイントは、

 

     スマホうつ3

1.イスの座り方をしっかり!(IT猫背対策)

 ①まず、体の土台である骨盤が安定するように、

  お尻の後側の骨、骨盤下部(いわゆる尾てい骨部分)が

  イスの背もたれにしっかり当たる位置まで座わる。

  ②頭頚部が前方へ突出しないように、

  体は、背もたれに軽く寄りかかりましょう。

 

f:id:kawaikinkeitai:20170526145427j:plain

3、モニターの位置は正面&目線が下がらないように高さも注意!

 (ストレートネック対策)

 ・モニターは正面に置くこと。

 

  ・ノートパソコンをお使いの場合、

  モニター画面の高さがあまり低くならないように、

  パソコンの下に台を置くなど高さに注意しましょう。

   場合によっては、椅子の座面高を下げて、着座位置を低くして

  モニター画面が適切な高さに調整します。 

 

f:id:kawaikinkeitai:20170526145155j:plain

2、キーボードはできるだけ近くに!(マウス肘・マウス肩対策)

 ・上腕(二の腕)を伸ばしてキーボードを操作しなくてもすむように、

  できるだけイスを机に近づけて、キーボードもなるべく机の手前

  正面に置いて、手首から先だけで操作できるようにしましょう。 

 

 

作業姿勢が改善でると

パソコン病(PC病)の進行を止めることになります。

 

パソコン病(PC病)でお悩みの方は、

お近くの川井筋系帯療法治療センターに

ご相談ください。

 

f:id:kawaikinkeitai:20181021232921j:plain

 

身体不調の原因「身体のゆがみ」を
モアレ写真で科学的に分析!

病院でよくならなかった
首肩こり・腰痛・慢性疲労アトピー・喘息など専門

信頼ある40年の実績!
【川井筋系帯療法治療センター】

 

http://kawaikinkeitai.co.jp/(PCサイト)

https://www.kawaikinkeitai.jp/スマホサイト) 

東京渋谷の人気整体院:
川井筋系帯療法・東京治療センター

横浜の人気整体院:
川井筋系帯療法・横浜治療センター

船橋の人気整体院:
川井筋系帯療法・船橋治療センター

大宮の人気整体院:
川井筋系帯療法式・大宮センター(にいのみ整体院)

名古屋の人気整体院:
川井筋系帯療法式・名古屋センター(ふくやす整体院)

札幌の人気整体院:
川井筋系帯療法式・札幌センター(ヤマヤセラピー)